初心者のお客様へ
FOR BEGGINER

For Begginer初心者のお客様へ

ゴルフはルールやマナーを守ることで、みんなが気持ちよくラウンドを楽しめます。
初心者でなくとも心がけるようにしましょう。

1. 服装
ゴルフは歴史のある紳士のスポーツです。 Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、サンダルなどはNGです。

2. 倶楽部ハウスには30分前、スタート場所には10分前に集合
心にゆとりがなくては良いプレイはできません。
倶楽部ハウスには余裕をもって到着するよう心がけましょう。
また、キャディバッグには、氏名がわかるようにネームタグ類を取り付けておきましょう。
そしてカートまたはスタートホールのティインググラウンドなど、指定された場所には遅れないように集合しましょう。

3. 打順が来てからの素振りはほどほどに
ティインググラウンドで何度も素振りをするのは、プレイの妨げや芝生の痛みに繋がります。
一度感触を確認する程度にして、アドレスに入ったらすみやかに打ちましょう。

4. 他のプレーヤの妨げにならないように。
私語やガチャガチャと音を立ててクラブを選んだり、素振りをしたり歩き回ったりされると気が散るものです。
他のプレーヤがアドレスに入ったら音を立てないように静かに見守りましょう。

5. 隣のコースにボールが飛んだら
隣のホールや前の組に打ち込んだりしたときは、「フォア~」と大声で叫び注意を促しましょう。
ボールを取りに行く場合はプレーヤの邪魔にならないように気を配り、すみやかにおこなってください。
隣のコースから打つ場合は、そのコースの人達の邪魔にならないように、細心の注意をはらってください。

6. 予備球を2個以上
ボールは他のプレーヤーの物と間違えないように、独自の識別マークやネームのついたマイボールを使用してください。
そしてOBや池ポチャなどに備えて、番号の違うスペアボールをもう1個持ち歩いてください。

7. 次打者の前に出ないように心がける
ボールがフェアウェイ以外に飛んだ時は早く探しに行きたくなります。しかし回りに気を配り、後の人が打つ時には右または左に大きくフェアウェイを空けて打ち終わるまで見守りましょう。

8. グリーンを痛めないように注意しましょう
シューズを引きずって歩いたり、グリーン上を走ったりするのは厳禁です。
急ぐ時はグリーンを出てから走りましょう。

9. ボールマークの修復は大切
ボールマークとはボールが落ちた時にできる窪みです。
グリーンフォークを正しく使って修復しましょう。

10. グリーンからは早く立ち去る
芝目を読む場合は他の人のラインを踏まないようにおこない、自分のボールが他の人のラインに近い場合は、早くボールを拾い上げてラインを空ける配慮が必要です。
ピンにいちばん近ければ早くボールをマークして拾い上げ、旗竿を抜いてあげてください。
いちばん遠ければ近い人にピンを頼んで、すみやかにパッティングに入りましょう。みんながパッティングを終えたら旗竿をカップに立て、ホールを後続の組に早く渡せるようにしてください。

挨拶はもちろんのこととして、この他にもルールやマナーはまだまだ沢山あります。
ゴルフの上達も大切ですが、心にゆとりを持って、みんなが楽しめるプレイを心がけてください。
格安コンペパックあります

ページトップへ